介護保険制度について

介護保険の認定について

介護保険サービスが受けられる方

65才以上の方 第1号被保険者

要支援・要介護状態の人

40~64才以上の方 第2号被保険者

医療保険に加入している方で、特定疾病により要支援・要介護状態の方

介護保険を利用するまでの手続き

  • 1.市区町村の窓口へ申請

    申請手続きは本人、家族の他、指定居宅介護支援事業所、介護保険施設、地域包括支援センター等に代行してもらう事が出来ます。

  • 2.調査員の訪問

    基本調査と特記事項(基本調査には盛り込めなく、調査員が特に重要と思った事項)により利用者の心身の状態を調査します。

  • 3.コンピュータによる1次判定

    調査票および医師の意見書の一部をコンピューターにより判定します。

  • 4.介護認定審査会による2次判定

    1次判定、特記事項、主治医の意見をもとに、介護にかかる時間や状態の維持改善する可能性を考慮し判断します。

  • 非該当:自立 - 自立した生活が送れる全ての高齢者 特定高齢者:介護や支援が必要となるおそれのある方 認定:次のいずれかの状態区分に認定されます

    介護保険で利用できるサービス

  • 地域包括支援センター 介護予防ケアプランの作成 地域包括支援センターの保険医師等が、アセスメントを行い、生活機能の改善や重度化の予防のためのプランを作成します。
  • 介護予防事業(地域支援事業)
    • 運動器の機能向上
    • 口腔機能の向上
    • 認知症予防・支援
    • その他
    • 栄養改善
    • 閉じこもり予防・支援
    • うつ予防・支援

    ※地域支援事業は通所サービスを中心として行います

ページトップへ