介護保険による福祉用具レンタルの流れ

 

  • 1.介護サービス計画の作成

    介護サービスの計画に基づいて、レンタル対象商品の中から選定して頂きます。
    福祉用具専門相談員がご相談させていただきます。

  • 2.お申込み

    電話・FAX・ご来店等でお申し込みが出来ます。福祉用具・料金・納品日等の確認を行います。

  • 3.ご契約

    契約書の確認とご記入を行います。
    お支払い方法については、契約時にご説明させて頂きます。

  • 4.納品・商品説明

    ご支持を受けた場所、日時にお届けに伺います。
    ご利用者が使いやすいように調整し、商品の取り扱いの説明を行います

  • 5.アフターサービス

    レンタルされた商品の使用状況や適合状況を確認し、要介護度の変化に応じて福祉用具の交換・追加・引取りを致します。故障などの場合も速やかに対応致しますので、ご連絡ください。

福祉用具のレンタル対象となる12品目

 

  • 1.車いす

    自走用標準型車いす
    介助用標準型車いす
    普通型電動車いす

  • 2.車いす付属品

    クッション、電動補助装置等であって、車いすと一体的に使用されるものに限る。

  • 3.特殊寝台

    サイドレールが取り付けてあるのもまたは取り付け可能なものであって、次のいずれかの機能を有するもの

    • ・背部若しくは脚部の傾斜角度調整する機能を有するもの
    • ・床の高さを無段階に調整する機能を有するもの
  • 4.特殊寝台付属品

    マットレス、サイドレール等であって、特殊寝台と一体的に使用されるものに限る

  • 5.床ずれ防止用具

    次のいずれかに該当するもの

    • ・エアーマットと送風装置または空気圧調整装置からなるエアーパッド
    • ・水などによって減圧による体圧分散効果をもつ全身用のウォーターマット等
  • 6.体位変換器

    空気パッド等を身体の下に挿入し、てこ、空気圧、その他の動力を用いることにより仰臥位から側臥位または座位への体位の変換を容易に行うことができるもの。(体位の保持のみを目的とするものを除く)

  • 7.認知症老人徘徊感知機器

    要介護者等が屋外へ出ようとした時もしくはベッドから離床した時等、センサーにより感知し、家族及び隣人等へ通報するもの

  • 8.移動用リフト(吊り具を除く)

    床走行式、つり具又はいす等の台座を使用して人を持ち上げ、キャスター等で床又は階段等を移動し、目的の場所に人を移動させるもの。 (取り付けに住宅の改修を伴うものを除く)

  • 9.手すり

    取り付けに際した工事を伴わないものに限る

  • 10.スロープ

    段差解消のためのものであって、取り付けに際し工事を伴わないものに限る

  • 11.歩行器

    歩行が困難な者の歩行器のを補う機能を有し、移動時に体重を支える構造を有するものであって、次のいずれかに該当するもの

    • ・車輪を有するものにあっては、体の前及び左右を囲む把手等を有するもの
    • ・四脚を有するものにあっては、上肢で保持して移動させることが可能なもの
  • 12.歩行補助杖

    松葉杖、カナディアン・クラッチ、ロフストランド・クラッチ、プラットホームクラッチ又は多点杖に限る

 

ページトップへ